「もっとあなたの会社が90日で儲かる」を読んで

「もっとあなたの会社が90日で儲かる」を読んで

神田昌典著の「あなたの会社が90日で儲かる」の続編。
内容は前の補足と深堀という感じ。

しかし、読みやすさは変わらず実践例などが見れるので良いだろう。

私が学んだ内容は

・ニーズウォンツ分析
・リピートを増やすための感情マーケティング

の2つ。

主にメインの軸となる感情マーケティングに関しては
最初の一つでしっかり説明されているので、あとは実践して計測してみるだけだ。

なので、こちらの前にピンクの方を読むのがよろしかろう。

で、「あなたの会社が90日で」の方でも説明されているが、
「売れる商品をうらなければ」ダメなのだ。

その売れるという軸には2つある。
ニーズ(必要)とウォンツ(欲しい)である。

これを二次元のマトリクスに展開して
商品について考える。

ニーズとウォンツが高い商品の方が当然売れるし、
どちらも低ければどんなに良い商品でも売れないだろう。

そしてさらに言うと
現在はすでにものは溢れかえっている。
なのでニーズがあるだけではダメで、
ウォンツを刺激してあげなければ売れないのだ。

良い商品は良いだろう。
しかし、それを知っている人がいなかったら意味が無い。

だから、マーケティングが必要で
つまり本書のメインとなる感情マーケティングがより効果をあげられるということだ。

で、
本書では購入が起こった後の既存客から固定客に変えていくための方法について触れられている。

それが「21日間顧客満足プログラム」と「生涯顧客教育カリキュラム」というものだ。

「21日間」の方は、購入後のお客さんの心理について触れられいて、
その名の通り、21日間を意識したアフターフォローで買った商品に対する満足度を最大化すると言うもの。

そして「生涯顧客」の方はその後の継続フォローにより
ロイヤリティ「忠誠度」を高めてファンになってもらい、リピート客になってもらうということを
コミュニティ化などを利用して行うということが書かれている。

いずれも「感情」というものを軸に書かれている。

そしてこの感情というのは、売る側が感情的になって熱意で押し切るというものではなく、
お客さんの感情にそって展開していくことで効率的にマーケティングをしていくというものなので
ここを勘違いしてしまうと全く効果が出ないだろう。

いずれも具体例をあげて
相変わらず読みやすく書かれているので、
もし、より効率よくマーケティングをしていきたいと思っているなら
読んでみると良いだろう。

「あなたの会社が90日で儲かる」書評

「あなたの会社が90日で儲かる」書評

神田昌典著の「あなたの会社が90日で儲かる」を読んだ。

どんなビジネスにも必要になる「マーケティング」に関する本で非常にためになる。

私が学んだ重要事項は以下の4+1つ。

1:売れる商品を売る
2:費用効果的に見込み客を集める
3:その見込み客に成約して既存客にする
4:繰り返し購入してもらい固定客になってもらう。

+1:そしてこの軸に「感情マーケティング」がある。

===

1:売れる商品を売る

字面で見ると当然のことだが、
いろんなことに思考が縛られていて、
最初はやっていたはずなのに、気づいたらずれているということも多いと思う。

たとえば、昔はブラウン管のテレビが売れた。
今売ろうとしたら液晶じゃないとまず売れない。

時代の移り変わりによって売れるものっていうのは刻一刻と変わっている。

ビジネスっていうのはお金を儲けることにある。
儲からなかったら良い商品を提供できないし、
ということは、世の中が良くなっていかない。

なので、売れる商品を売らなければいけない。

もし売れない商品に固執してしまっているんだったら早めに損切りをする必要が有るだろう。

私も費用対効果が悪くなったサイトにかける時間を減らさなきゃダメだな、というのを実感した。

2:費用効果的に見込み客を集める。
「費用効果的に」というのが重要。
広告に対して何%の反応があった、というのは重要ではない。

なぜならこの数字は自分がやっているビジネスによって必要な数字が変わってくるから。

となると、重要なのは結果的にいくらの売上を上げるのにいくらの広告費がかかったか?ということだ。

あまりにも回収に時間がかかりすぎるのはキャッシュフローの面から見て危ないと思うがそれはまた別の話。
重要なのは100円かけて101円以上出てくる広告ならば、費用効果的に問題がない。

つまりやりまくるべきなのだ。
で、あとはより効果的になるように改善していくだけ。

多くの人は%が悪かった時点でやめてしまう。
他に良い%を出せるものがあるなら良いがやめてしまえばそれで終わりなのだ。

3:その見込み客に成約して既存客にする

見込み客を集めても、売れなかったら意味が無い。
お客さんを集めて売るところまでやって一つのビジネスモデルといえるだろう。

どれだけ費用効果的にお客を集めても、
それを受け入れるための受け皿がなかったらザルなのである。

ただお客が流れていくだけで、
時間を取らされたお客さんにもよくないし、
儲からない会社は潰れるだけ。

もし潰れてしまえば、世界に価値を提供することができなくなり、
世界にとってもよくない。

4:繰り返し購入してもらい固定客になってもらう。

商売において固定客というのは非常に大事だ。
固定客というのは集客の必要がないので、
うれたらそれまで集客にかかっていたコストはそのまま利益になる。

利益が増えればその分、良いサービスを提供することが出来る。

+1:そしてこの軸に「感情マーケティング」がある。

続編の「もっと」を読むと勘違いの例が上げられているが、
商品のメリットとかをこちらの感情に任せて伝えるのではない。

というか、そんなものは読んでもらえないから伝わらない。

で、どうするか?というとお客の感情をイメージしてそこに共感していくのである。

お客の感情を操るというか、
お客の感情が向かう先をイメージしてサービスを展開していくから
まるでお客は操られているかのように思い通りに動いていくわけである。

購入の判断をする際は理論的に買うのはごく一部で、
実際は感情で購買を決定し、あとから理論でそ判断を正当化していく。

購買した時にはすでに、お客さんは商品の見方になっているのだ。

===

という内容である。

本書を読めば、具体例や実例を交えて話が進んでいくので
より理解が深まるだろう。

さらに、他の分厚いビジネス書と比べると圧倒的に読みやすい。
3時間くらいあれば読み終わるんじゃないだろうか。

その理由は内容が語りかけるような書き口になっているからだ。
で、この書き方自体が「感情マーケティング」を実践した結果なのだ。

一度体験して見ると良いだろう。