開始20Pで結婚という債権の恐ろしさに驚愕する。藤沢数希著「損する結婚 儲かる結婚」

損する結婚 儲かる離婚

開始20ページで結婚という債権の恐ろしさに驚愕する。

今後自分で大きく稼いでいくのか、
それとも稼ぐパートナーに寄生するのか。

どちらにせよ参考になる戦略指南書。

 

結婚すると莫大なリスクを孕む

僕は結婚とか別にする気もなかった。

 

今後どんどん稼ぐつもりでいるから、
「自分の資産が半分になってしまう」
というデメリットは漠然と見えていたから

結婚に関してはもともとネガティブな認識だったけど

この本を読んでその恐ろしさにより、驚愕した。

 

愛情とかそういったことを覗いて

「 金 」
という一点にのみ絞って

 

様々な事例をあげて
・稼ぐ側から見るとどれだけ払わされるのか?
・奪い取る側から見るとどれだけ取れるのか?

を説明している。

 

その上で
・結婚とは違う新しい男女のあり方があるんじゃないか?
と示している。

 

一般的な家庭を想定して計算していることはもちろん、

よくテレビなどで騒ぎ立てられる
有名人の離婚騒動などで動く金が
どうしてそれだけ巨額になるのか。

その金額は果たして妥当なのか?

なども解説している。

 

結婚する前から離婚について考えることって
普通はないと思うが、

万が一のリスクヘッジとして
絶対に入れておいた知識だ。

 

例えばザッカーバーグなどの例をあげて
より賢く稼いでいる人は
このことも考えに入れて動いている というのをあげている。

 

離婚になってからでは遅い。

今すぐに入れておくべき知識だ。

 

格差は広がるが日本は発展する?

また、
これらのことを前提に
今の日本が少子化になるのは当然だ という見解も述べられている。

 

現状の日本は
・金持ちと結婚して子供を産むか
・障害結婚せず子供を産まないか

の二択になってしまう状況だ
と説明している。

 

このことに関しては
僕は悪くない状況なのではないか?
とも思う。

 

というのも、金持ちは教育に金をかけられる。
すると、より教育された進歩した人間が生み出されるだろう。

 

技術の上限なども上がるだろう。

そして、実際には
金がなくても子供は生まれる。

 

発展途上の国がいい例だ。

国内で富の二極化が進んで
格差が広がる未来が見えるが、

そこを調整するのは起業家やビジネスマンではない。

 

それは政府の役目だ。
政治家たちが、総合的にみてより国が成長するように
税金などで調整していく部分だ。

 

この辺はトリクルダウン理論などを見てみると
いいんじゃないだろうか。

 

個を尊重して、全体がマイナスを被るより、
人類全体の発展を考える

道徳と理屈のバランスというか。

 

この辺は本の本題からずれているが。

僕は起業家としての立場から
発言するからどんどん稼いで
結婚でも金を極力守るべき ということが言える。

 

今、少子化を打ち破るには浮気を推奨するべき?

本書では

・金持ちと結婚して子供を産むか
・障害結婚せず子供を産まないか

結婚債権のせいで二択になっているから、

もっと間の選択肢(金融商品)が
あってもいいのではないか?

というふうに話を持っていっている。

 

この理論を裏付けするために
人間の体の仕組みをあげて

哺乳類の形を分析すると
ほっておけば
人間は緩やかな一夫多妻制を形成するはずだということを上げている。

 

実際、
日本では貞操観念が硬すぎるせいでなっていないが
欧米などでは浮気などを利用して十分に子供が生まれているため、
少子化にはなっていない。

 

さらに、実際に稼いでいる人が
複数の妻を持ち子供を作っている際には
教育にも十分な費用をかけている という例をあげている。

男女をそれぞれランク付けして
自由恋愛にまかせるとランクが高い男に
複数の女がつき下位の男があぶれる

それを回避して
男から不満がでないようにするのが
結婚制度である

という考察もしている。

 

まとめ

これらの事例や考察から考えると
自由恋愛にまかせたほうが

より稼げる人が複数子供を持つので、
より教育された次世代の子供が生産され、

自由恋愛に任せた結果、
人として優れた人が
より子供をたくさん残すので
人類の種として発展するんじゃないか?

という考察もできる。

 

最初は少し計算式などが
文章上で説明されるのでわかりづらいが、

絶対に入れておくべき知識だと思う。

 

僕は正直
「婚前交渉なんて はしたない」
と思っていたけど。

この価値観って誰に洗脳されたのだろう?
もう少し奔放になってもいいのではないか?

と考えが変わるきっかけになった。

結局Google ChromeとFireFoxどっちがいいのか?

結局Google ChromeとFireFoxどっちがいいのか?

僕はまだシェア的に
Google ChromeよりもFireFoxが勝ってた頃から
FireFoxユーザーだったので今まではFireFoxをメイン、サブとしてGoogle Chromeを使ってきました。

しかし、
最近はシェア的にもGoogle Chromeが勝ってきていて
Web上で動作するアプリに関してもGoogle Chromeに最適化されていて、
FireFoxだと動きづらいという現象に時折遭遇するようになりました。

さらに、Google Chromeはサブでしか使っていないので、
どうなのかは知らないですが、

FireFoxのクラッシュが目立つようになってきました。

また、FireFoxが古いアドオンを排除というか、
アドオンをより新しい規格にしたいらしく、

FireFoxの最新バージョンだと
古いアドオンが機能しないことがある
という現象が起きています。

致命的だったのは
iMacrosとFireFox56の互換性がなくなってしまったこと。

これに関しては
iMacrosの公式サイト
https://imacros.net/imacros-firefox-compatibility-firefox-56-newer/
に記述があるように

FireFoxの古いバージョンをインストールすることで解決して、
年末まで待ってみるという対策ができるのですが、

全体的に不満点が増えてきました。

あと、これは私の環境的な問題かもしれませんが、
使い始めたときと比べると重さが目立つ。

キャッシュクリアなど色々やりましたが改善せず。

前回のクリーンインストールから1年ぐらいは経っているので
そろそろクリーンインストール時なのか、

PCも今年で3歳ぐらいなので買い替え時か?
とかいろいろな要素はありますが。

クリーンインストールはドライバーが消えるとか
いろいろめんどくさいので

ここらでGoogle Chromeに乗り換えは可能なのか?
を試してみることにしました。

FireFoxからGoogle Chromeへ乗り換える際の問題点は?

ここであがる問題点は
・ブックマーク
・アドオン

の二種類です。

両方ともそのまま移行できればベストですが
いろいろ問題があります。

ブックマークの移行について

ブックマークはGoogle ChromeはGoogle Chromeであるので
新しいユーザーとして使いたい。

しかし、外で使うこともあるので、
同期は出来るようにしておきたい。

やってみたところ、
同期できるのは一つのグーグルアカウントに対して、
一つのユーザーしか出来ないようなので、

・新しくアカウントを作成して適宜切り替える
(管理がめんどくさくなる可能性あり)

・今のアカウントを一旦全部キレイにして移す
(普通に面倒くさい(笑))

の二種類が考えられます。

まぁこれくらいだったら今後の環境が改善されるなら
時間かける価値はありそうです。

ブックマークバーが使いづらい!!

これは別のアドオンを入れることで解消できそうなのですが、
FireFoxで慣れているからなのか、

ブックマークバーはサイドバーにあって欲しい。

よく使うサイトをブックマークしているわけなので、
Google Chromeのような配置にされるといちいちフォルダを選択して、
その中のフォルダを選択してとなるとクリックも手間も増えすぎて不可。

Google Chromeは見る画面を最大化したいということなんでしょうが、
移動が不便になるのはいただけないですね。

アドオンについて

同じアドオンのGoogle Chromeバージョン、
もしくは似た機能のものがあればいいのです。

重要なのは
・ラストパス

・Adblock

・iMacros

・YoutubeDownloader

・マウスジェスチャ

とかですね。

ラストパスとAdblockは問題なくGoogle Chromeバージョンがあるのでいいのですが、

問題は
・iMacros

・YoutubeDownloader

・マウスジェスチャ

です。

iMacroに関して

UWSCと関連付けて使っているものがあるので
ちょっとコードを書き換えなくては行けない可能性があって
めんどいですが、一応OK

マウスジェスチャ

似たようなのは確かにあるんですが、
画像のダウンロードができない。

Web上の画像をマウスジェスチャで
FireFoxならダウンロードできるんですが、

Google Chromeで一番上に出てくるやつだとできない。

この辺は複数使って良いものを試すしか無いですね。

もしかしたらGoogle Chromeのシェアが上がってるので
良いものが開発されているかもしれません。

YoutubeDownloader

これがダメなので、今回はGoogle Chromeに移行を断念しました。

何かというと、拡張機能でWeb上の動画をダウンロードできるというものです。

Webアプリとかを使えば問題ないんですが、
その手間がめんどくさい。

1クリックかせめて2クリックぐらいでダウンロードしたい。

なぜかというと、
情報収集の際に動画を見なくてはいけないことが結構ありますが、
Youtubeの倍速機能ってちょっと使いづらい。

聴き逃したから速度を落としてちょっと戻して
っていうのがいちいちマウスを使わないと出来ない。

だったら一旦ダウンロードして、
再生ソフトを利用したほうが便利。

なので、動画はダウンロードしてから利用したいわけです。

しかし、
YoutubeはGoogleのものです。

Google Chromeだとアドオンでその機能をつけると
Googleにアドオン自体が弾かれるようです。

なので、できるアドオンが無い。

FireFoxで使っているものと同じアドオンは存在するけど
ことごとく機能しないということがわかりました。

というわけで、
FireFoxの改善をもうちょっと見守る
というのが結論になりました。

Google ChromeはGoogle開発なので便利な部分がある反面
Google開発だからこそ不便な面が出てしまっていますね。