神田昌典「非常識な成功法則」を読んで

非常識な成功法則

神田昌典さんのこれまた有名な本「非常識な成功法則」を読みなおした。

 

この本はいろんな人が勧めているし、
僕自身読むのが4回め位だと思う。

 

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」とかは読むのに数日かかるけど、
この本は3時間くらいで読み終えられるし、
入っているワークに取り組んで、過去のをチェックしてみると
現状の再確認などもできるのがいい。

サブタイトルは「お金と自由をもたらす8つの習慣」ってなっているんだけど
内容はその通り8つの章に分かれている。

簡単にまとめると

1:目標設定
2:自己催眠
3:セルフイメージ
4:勉強法
5:セールス
6:お金に対するイメージ
7:決断
8:ダークサイド

になっている。

 

中でも私が重要だと思うのは
目標設定と勉強法  の2つ。

 

目標設定は
やりたくないことの書き出しから始まって
どうやって目標を立てるべきか?
目標を立ててからどう扱っていくか?っていうのが説明されている。

正直オカルトって言われてしまえばそれまでだけど、
信じてやってみて損はないし、
やらない理由もないのかなって。

 

で、
実際に僕自身が高校を卒業して初めてこの本を読んだ時、
(3年前(2013年ぐらい)
立てた目標がノートに残ってたんだけど、

全部ではないけど 叶ってるんだよね。

 

例えば物欲系なら
「強いPCを買う」とか
「ヘッドフォン買う」とか
「スピーカー買う」とか
「一人暮らしをする」とか
「良い椅子を買う」とか

他にも「ゲーム三昧」
っていうのもメタルギア・ソリッドのVが出た時に
一ヶ月ぐらい毎日8時間やり続けたりもしたし。

 

読み返すと目標の立て方が書いてある通りになってないから威力半減したのかな?とかも思ったり。

まぁ書かなかったら実現しなかったのか?って言われるとわからないけど、
脳みその仕組み的に意識すればそれに関する情報を集めるっていうのがあるから
やってみるのがいいよ。

勉強法に関しては「音声を聞く」
あとフォトリーディングについて触れられてる。

フォトリーディングは正直ちょっとやったぐらいで実践できないと思うけど、
音声学習は絶対やるべき。

本が書かれた時はまだiPhoneなんてなかったから
カセットテープでセミナーとかを聞いて学習しろ!って言われてるけど

今はiPhoneで簡単に学習できるし、
学習用の資料も簡単にダウンロードできる。

何かの成功を目指すなら、
音楽とか聞いてないでそれに関する情報を移動中とか音でインプットするべき。

一回じゃどうせ理解できないんだから、
何回も聞く。

本を何回も読むのは大変だけど、
音声の教材は耳にイヤホンいれておくだけでいいんだから。

そういう細かいテクニックとかも含めて
成功するための法則が8つの章に分けて書かれているので、

この「非常識な成功法則」をかって
読む時間を確保するのは成功までの道を短縮してくれるでしょう。