結局Google ChromeとFireFoxどっちがいいのか?

結局Google ChromeとFireFoxどっちがいいのか?

僕はまだシェア的に
Google ChromeよりもFireFoxが勝ってた頃から
FireFoxユーザーだったので今まではFireFoxをメイン、サブとしてGoogle Chromeを使ってきました。

しかし、
最近はシェア的にもGoogle Chromeが勝ってきていて
Web上で動作するアプリに関してもGoogle Chromeに最適化されていて、
FireFoxだと動きづらいという現象に時折遭遇するようになりました。

さらに、Google Chromeはサブでしか使っていないので、
どうなのかは知らないですが、

FireFoxのクラッシュが目立つようになってきました。

また、FireFoxが古いアドオンを排除というか、
アドオンをより新しい規格にしたいらしく、

FireFoxの最新バージョンだと
古いアドオンが機能しないことがある
という現象が起きています。

致命的だったのは
iMacrosとFireFox56の互換性がなくなってしまったこと。

これに関しては
iMacrosの公式サイト
https://imacros.net/imacros-firefox-compatibility-firefox-56-newer/
に記述があるように

FireFoxの古いバージョンをインストールすることで解決して、
年末まで待ってみるという対策ができるのですが、

全体的に不満点が増えてきました。

あと、これは私の環境的な問題かもしれませんが、
使い始めたときと比べると重さが目立つ。

キャッシュクリアなど色々やりましたが改善せず。

前回のクリーンインストールから1年ぐらいは経っているので
そろそろクリーンインストール時なのか、

PCも今年で3歳ぐらいなので買い替え時か?
とかいろいろな要素はありますが。

クリーンインストールはドライバーが消えるとか
いろいろめんどくさいので

ここらでGoogle Chromeに乗り換えは可能なのか?
を試してみることにしました。

FireFoxからGoogle Chromeへ乗り換える際の問題点は?

ここであがる問題点は
・ブックマーク
・アドオン

の二種類です。

両方ともそのまま移行できればベストですが
いろいろ問題があります。

ブックマークの移行について

ブックマークはGoogle ChromeはGoogle Chromeであるので
新しいユーザーとして使いたい。

しかし、外で使うこともあるので、
同期は出来るようにしておきたい。

やってみたところ、
同期できるのは一つのグーグルアカウントに対して、
一つのユーザーしか出来ないようなので、

・新しくアカウントを作成して適宜切り替える
(管理がめんどくさくなる可能性あり)

・今のアカウントを一旦全部キレイにして移す
(普通に面倒くさい(笑))

の二種類が考えられます。

まぁこれくらいだったら今後の環境が改善されるなら
時間かける価値はありそうです。

ブックマークバーが使いづらい!!

これは別のアドオンを入れることで解消できそうなのですが、
FireFoxで慣れているからなのか、

ブックマークバーはサイドバーにあって欲しい。

よく使うサイトをブックマークしているわけなので、
Google Chromeのような配置にされるといちいちフォルダを選択して、
その中のフォルダを選択してとなるとクリックも手間も増えすぎて不可。

Google Chromeは見る画面を最大化したいということなんでしょうが、
移動が不便になるのはいただけないですね。

アドオンについて

同じアドオンのGoogle Chromeバージョン、
もしくは似た機能のものがあればいいのです。

重要なのは
・ラストパス

・Adblock

・iMacros

・YoutubeDownloader

・マウスジェスチャ

とかですね。

ラストパスとAdblockは問題なくGoogle Chromeバージョンがあるのでいいのですが、

問題は
・iMacros

・YoutubeDownloader

・マウスジェスチャ

です。

iMacroに関して

UWSCと関連付けて使っているものがあるので
ちょっとコードを書き換えなくては行けない可能性があって
めんどいですが、一応OK

マウスジェスチャ

似たようなのは確かにあるんですが、
画像のダウンロードができない。

Web上の画像をマウスジェスチャで
FireFoxならダウンロードできるんですが、

Google Chromeで一番上に出てくるやつだとできない。

この辺は複数使って良いものを試すしか無いですね。

もしかしたらGoogle Chromeのシェアが上がってるので
良いものが開発されているかもしれません。

YoutubeDownloader

これがダメなので、今回はGoogle Chromeに移行を断念しました。

何かというと、拡張機能でWeb上の動画をダウンロードできるというものです。

Webアプリとかを使えば問題ないんですが、
その手間がめんどくさい。

1クリックかせめて2クリックぐらいでダウンロードしたい。

なぜかというと、
情報収集の際に動画を見なくてはいけないことが結構ありますが、
Youtubeの倍速機能ってちょっと使いづらい。

聴き逃したから速度を落としてちょっと戻して
っていうのがいちいちマウスを使わないと出来ない。

だったら一旦ダウンロードして、
再生ソフトを利用したほうが便利。

なので、動画はダウンロードしてから利用したいわけです。

しかし、
YoutubeはGoogleのものです。

Google Chromeだとアドオンでその機能をつけると
Googleにアドオン自体が弾かれるようです。

なので、できるアドオンが無い。

FireFoxで使っているものと同じアドオンは存在するけど
ことごとく機能しないということがわかりました。

というわけで、
FireFoxの改善をもうちょっと見守る
というのが結論になりました。

Google ChromeはGoogle開発なので便利な部分がある反面
Google開発だからこそ不便な面が出てしまっていますね。

アプリのアイコンや宣言画像を作るときに便利なソフト

adobe_cs2_photoshop

アプリを作っていると必然的に画像を作る必要が出てきます。
例えばアイコンの画像なんてそのアプリの顔ですし、
宣伝用に載せる画像もDLしてもらえるかの重要な判断基準になります。

そこで、今回は画像作成の際に便利なツールを紹介します。

フォトショップCS2が無料で使える

そのツールはフォトショップなのですが、
通常のフォトショップは安いやつでも1万ほどしますし、
最新のやつは月額課金で数千円毎月取られるのでできればもっと安く使いたいですよね。

 

で、そのフォトショのCS2という古いバージョンが
サポートの終了に合わせて無料で使えるようになっています。

ペイントとの違い

Windowsに標準装備の画像編集ソフトとの大きな違いは
「レイヤー」が使えるかどうかです。

簡単に言うと画像のパーツをそれぞれ別に保存して加工できる機能です。

さらに、文字の加工なども手軽にできるので、
これが使いこなせるときれいな画像を簡単に作ることができるようになります。

実際に導入する方法

まずはこちらのページからCS2をダウンロードしましょう。
https://helpx.adobe.com/jp/creative-suite/kb/cs2-product-downloads.html?promoid=19SCDRQK#

アカウントを作成してログインするとこんな画面に飛びます。
フォトショ CS2をDLする

同意するのチェックボックスにチェックを入れると

こんな画面がでてくるので日本語を選びます。
いろんな言語が無料で公開されているCS2

するとダウンロードできるものとシリアル番号の一覧が出てきます。

フォトショ以外もイラレ等ダウンロードできる
ほしいソフトを選択肢、ダウンロード。
あとは起動時にシリアル番号を入力すればOKです。

 

Windows10でもつかえる

絶対にとは言い切れませんが、
僕のWindows10では普通に動作しています。

 

2013年に無料になったようですが、
2016現在も普通にDLできますし、使えます。

WebページのデザインとかをやってたときはCS6を使ってたんですが、
クリーンインストールしたりなんやらで使えなくなったんですよね。

 

使う頻度も減ったし別にいっか、ってことで放置してたんですが、
アプリ作成を期に調べてみたらCS2が使えるということで試してみました。

バージョン古くても困らないしま、いっかって感じです。

 

画像加工は闇が深いですが、
ちょっとした文字の加工とか覚えるだけでもいろんなところで使えますよ。