神田昌典「成功者の告白」書評・感想

41CBMSAK4JL

神田昌典「成功者の告白」書評・感想

感情マーケティングなどで有名な神田昌典さんの「成功者の告白」を読んだ。

最初と最後に解説のような文も入っているが基本的に成功小説の形が取れている。

ビジネスで成功し、その後に訪れる困難と再びそれで成功していくまでの流れ。

この小説で学んだのは

・暗黒面
・成長曲線
・役割論

の3点が特に印象に残った。

・暗黒面について
何かで成功したりするとバランスを取るかのように現れるマイナス面。
それは、どうしても現れてしまうもので現れしまった時にパターンを知っていれば対処ができるという方向から解説されている。

それは家族関係、人間関係などで現れていく。

なるほどな、とは思うものの
現状1人でビジネスを回していて一人暮らしという状況だと
自分にどう当てはめるのかは正直分からないが、
今後のために頭の片隅においておこう、と思うような。

 

成長曲線について

成長曲線というのはそこそこ有名な曲線だろう。

導入期、成長期、成熟期、衰退期からなるくじらみたいなカーブ。

成長曲線
成長曲線

本書では成長期にある産業に入っていくのが良いという話ともに、
衰退期のその後、という話もされている。

また、しっかり触れられているわけではないが、
この曲線自体も複数の細かい成長曲線の重なり合わせで出来上がっているというようなイメージを持った。

トレンドとかも数年前のものがもう一度流行ったりするように
螺旋状に進んでいくもので、これが成長曲線においても現れる。

衰退期の後には、あらたな技術や考え方の出現により
次の成長曲線が描かれるという解説がされている。

つまり

成長曲線 繰り返し
成長曲線 繰り返し

こんな感じ。

これを繰り返して成長していくわけだ。

地球のまわりを月が回っていたり、
太陽の周りを地球が回っていたりするのと同じように
原子の周りを電子が飛んでる。

これと同じように、大きな流れの中には同じようなパターンの小さな流れが無数にあるんだと思う。

なので、成熟期にある商品でも
業界を絞って見てみるとまだ導入期にいる可能性があるみたいな話も(フィクションだが)出てくる。

役割論としては
事業を発展させていくうえで4タイプの役者が説明されている。

これは桃太郎に例えられていて、

アイディアを出す桃太郎(起業家)
ガンガン行動する犬(実務家)
やっていることを管理する猿(管理者)
全体を俯瞰してまとめる雉(まとめ役)

の4タイプ。

成長曲線に応じて活躍できる人が変わるため、
これを理解しないで起業家がガンガン進み続けると、
成長曲線のカーブを曲がりきれず脱線して、失敗してしまう。

最初は起業家がアイディアを出し、
それを実務家がガンガン進めていく。

ある程度行くと、管理者がやっていることをまとめて
システム化だったりをやっていく。

拡大するにあたってまとめ役が出てきてそれぞれの人の潤滑剤の役割をする。

管理者が活躍する状況で起業家が動きまわると、
せっかく整えて拡大しようとしているのが崩れるので 失敗に向かってしまうという話。

これを個人事業でやっているネットビジネスに当てはめるなら
最初はノウハウ開発などをして、実績作りとしての実行。

そこからノウハウ化、もしくはコンサルや自社で拡大を考える管理というのを全部やらなければいけない。

というのを把握するのが、自分を俯瞰してみるまとめ役。

4役を意識してやることで、1人でやる場合もより集中して成果が出しやすく鳴るんじゃないだろうか。

主に人間関係の話がメインだが
自分がどういう性質を持っているのか考えてみると会社で働いている人も動きやすくなるだろう。

「ゲーム感覚ででFP2級の勉強ができ、試験に受かる無料アプリ」リリース

ゲーム感覚ででFP2級の勉強ができ、試験に受かる無料アプリ

 

ゲーム感覚ででFP2級の勉強ができ、試験に受かる無料アプリ
ファイナンシャルプランナー2級の過去問クイズです。 繰り返しクイズに挑戦することで空き時間にFPの勉強が出来ます♪

https://play.google.com/store/apps/details?id=fp2.ry.q

 

ファイナンシャルプランナー2級の過去問クイズです。
繰り返しクイズに挑戦することで空き時間にFPの勉強が出来ます♪

このアプリは
「ゲーム感覚ででFP2級の勉強ができ、試験に受かる無料アプリ」です。

ファイナンシャルプランナー
(ファイナンシャル・プランニング技能士)は
日本で英検・漢検・TOEICに次ぐ人気の資格です。

この資格は職業に活かすだけでなく、
家計の見直しや人生設計に役立つお金の知識を測るものです。

今の日本では年金をしっかり払っていても
将来その分もらえる保証なんてありません。

お金をちゃんと管理しなかったがために、
引退してこれから趣味を楽しもう!と思った時に
お金が無い…というのはとても悲しいですよね。

でも、いざFPの勉強をしようと思って
参考書を一通り読んだだけでは身についているかどうかわかりません。

そのために技能士の検定があるわけですが、
試験日の予定をあけるのも大変ですし、受験には費用もかかります。

できれば一発でうかりたいですよね?

と、考えるとユーキャンなどの資格の講座もありますが
これを受講するのは受験料どころの騒ぎではありません。

だったら過去問をやってみよう!
となっていざ解き終わっても
採点しないと意味がありません。

このアプリでは
過去問を一問一問クイズ形式にすることによって
採点を自動化したので即座に間違いを修正することが出来ます。

クイズを繰り返し遊んでいくうちに
学習が進んでいきます。

さらにアプリになっているので
問題を印刷して机に向かって…
という準備をしなくても通勤時間などの空いた時間に学習することができるので
時間の有効活用もできます。

このアプリをつかってぜひ
FP2級の試験に受かっちゃって下さい!!

このアプリは無料なので、お気軽に試して下さい♪

「TOEICスコアを上げる勉強法 無料学習アプリ 高得点」リリース

TOEICスコアを上げる勉強法 無料学習アプリ 高得点

「TOEICスコアを上げる勉強法 無料学習アプリ 高得点」をリリースしました。

「TOEICスコアを上げる勉強法 無料学習アプリ 高得点」リリース
TOEICで高得点を取れる無料学習アプリです。
繰り返しクイズに挑んでで空き時間にTOEICの勉強が出来ます。
今すぐ無料DL! クイズ形式なのでゲーム感覚で点数が上げられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOEICで高得点を取れる無料学習アプリです。
繰り返しクイズに挑んでで空き時間にTOEICの勉強が出来ます。
クイズ形式なのでゲーム感覚で点数が上げられます。

このアプリは
「ゲーム感覚ででTOEICの勉強ができ、試験の点数があがる無料アプリ」です。
TOEICのスコアが上がることで昇進・昇給につながります。

TOEIC
(国際コミュニケーション英語能力テスト)は
日本で漢検・英検と並ぶ3大 人気資格の一つです。

グローバル化が進む現在、英語力はもはや必須スキルのひとつとなりつつあります。

TOEICのスコアが採用時に一つの基準となっているのはもちろんですが、

業務で英語を使用している企業のうち、
TOEICスコアを入社後に配属先決定の参考にしている企業は約60%。
さらに、昇進・昇格の要件としている企業は15.8%。
将来的に要件化を考えている企業も、約半数を占めているというデータが有ります。

希望の部署に就くことや昇進・昇格を考えるなら、TOEICスコアは必須なのです。

英語の学習をしていても、
本当に上達したのか?はテストをしてみないとわかりません。

しかし、TOEICの過去問は公開されていませんし、
お金を出して問題集などを買って解いてみても
採点などが非常に面倒くさいです。

このアプリでは
TOEIC用の問題を一問一問クイズ形式にすることによって
採点を自動化したので即座に間違いを修正することが出来ます。

しかも、問題ごとに簡単な解説を入れました。

クイズを繰り返し遊んでいくうちに
学習が進んでいきます。

さらにアプリになっているので
問題を印刷して机に向かって…
という準備をしなくても通勤時間などの空いた時間に学習することができるので
時間の有効活用もできます。

このアプリをつかってぜひ
TOEICのスコアの向上、昇給・昇進を目指してみてください!

このアプリは無料なので、お気軽に試して下さい♪
また、要望などありましたらアプリの評価欄からお気軽に連絡下さい♪

 

ゲーム感覚で簿記3級の勉強ができ、試験に受かる無料アプリ リリース!

メイン

新しいアプリをリリースしました。

その名も「ゲーム感覚で簿記3級の勉強ができ、試験に受かる無料アプリ」です。

アイコン

簿記3級の過去問クイズです。
繰り返しクイズに挑戦することで空き時間に簿記の勉強が出来ます♪
簿記を資格を持ってると入試や仕事などに有利になります!

簿記
(日商簿記検定)は
日本では英検・TOEIC・漢検・FPについで人気の高い資格です。

・簿記を取るメリットは?
簿記の資格を持っていると企業で重宝されます。

会計や経理の業務がない会社は存在しませんし、
営業などでも、お金の流れについてある程度把握していることは、
働いていく上で大きなメリットになります。

また
「大学入試に有利」になることがあります。

すべての大学ではありませんが、簿記2級程度取得していれば、
大学の推薦入試で有利になるケースが少なくありません。

さらに、
「節税」にもなります。
サラリーマンではない個人事業主の場合、
自分で税金の額を申告して国に収めることになります。
(サラリーマンでも申告した方が良い場合もあります。)

ここで、ちゃんと「複式簿記」によって帳簿をつけ、
それに基づいて確定申告をする場合、税額控除が最大65万円分発生したり、
家族への給与が必要経費になったりするという特典が発生します。

そんな様々なメリットがある簿記ですが

簿記の学習をしていても、
本当にスキルが定着したのか?はテストをしてみないとわかりません。

だったら練習問題をやってみよう!
となっていざ解き終わっても
採点しないと意味がありません。

このアプリでは
一問一問クイズ形式にすることによって
採点を自動化したので即座に間違いを修正することが出来ます。

クイズを繰り返し遊んでいくうちに
学習が進んでいきます。

さらにアプリになっているので
問題を印刷して机に向かって…
という準備をしなくても通勤時間などの空いた時間に学習することができるので
時間の有効活用もできます。

このアプリをつかってぜひ
簿記3級の試験に受かっちゃって下さい!!

このアプリは無料なので、お気軽に試して下さい♪

ゲーム感覚で簿記3級の勉強ができ、試験に受かる無料アプリ」です。

アイコン

「もっとあなたの会社が90日で儲かる」を読んで

「もっとあなたの会社が90日で儲かる」を読んで

神田昌典著の「あなたの会社が90日で儲かる」の続編。
内容は前の補足と深堀という感じ。

しかし、読みやすさは変わらず実践例などが見れるので良いだろう。

私が学んだ内容は

・ニーズウォンツ分析
・リピートを増やすための感情マーケティング

の2つ。

主にメインの軸となる感情マーケティングに関しては
最初の一つでしっかり説明されているので、あとは実践して計測してみるだけだ。

なので、こちらの前にピンクの方を読むのがよろしかろう。

で、「あなたの会社が90日で」の方でも説明されているが、
「売れる商品をうらなければ」ダメなのだ。

その売れるという軸には2つある。
ニーズ(必要)とウォンツ(欲しい)である。

これを二次元のマトリクスに展開して
商品について考える。

ニーズとウォンツが高い商品の方が当然売れるし、
どちらも低ければどんなに良い商品でも売れないだろう。

そしてさらに言うと
現在はすでにものは溢れかえっている。
なのでニーズがあるだけではダメで、
ウォンツを刺激してあげなければ売れないのだ。

良い商品は良いだろう。
しかし、それを知っている人がいなかったら意味が無い。

だから、マーケティングが必要で
つまり本書のメインとなる感情マーケティングがより効果をあげられるということだ。

で、
本書では購入が起こった後の既存客から固定客に変えていくための方法について触れられている。

それが「21日間顧客満足プログラム」と「生涯顧客教育カリキュラム」というものだ。

「21日間」の方は、購入後のお客さんの心理について触れられいて、
その名の通り、21日間を意識したアフターフォローで買った商品に対する満足度を最大化すると言うもの。

そして「生涯顧客」の方はその後の継続フォローにより
ロイヤリティ「忠誠度」を高めてファンになってもらい、リピート客になってもらうということを
コミュニティ化などを利用して行うということが書かれている。

いずれも「感情」というものを軸に書かれている。

そしてこの感情というのは、売る側が感情的になって熱意で押し切るというものではなく、
お客さんの感情にそって展開していくことで効率的にマーケティングをしていくというものなので
ここを勘違いしてしまうと全く効果が出ないだろう。

いずれも具体例をあげて
相変わらず読みやすく書かれているので、
もし、より効率よくマーケティングをしていきたいと思っているなら
読んでみると良いだろう。

「あなたの会社が90日で儲かる」書評

「あなたの会社が90日で儲かる」書評

神田昌典著の「あなたの会社が90日で儲かる」を読んだ。

どんなビジネスにも必要になる「マーケティング」に関する本で非常にためになる。

私が学んだ重要事項は以下の4+1つ。

1:売れる商品を売る
2:費用効果的に見込み客を集める
3:その見込み客に成約して既存客にする
4:繰り返し購入してもらい固定客になってもらう。

+1:そしてこの軸に「感情マーケティング」がある。

===

1:売れる商品を売る

字面で見ると当然のことだが、
いろんなことに思考が縛られていて、
最初はやっていたはずなのに、気づいたらずれているということも多いと思う。

たとえば、昔はブラウン管のテレビが売れた。
今売ろうとしたら液晶じゃないとまず売れない。

時代の移り変わりによって売れるものっていうのは刻一刻と変わっている。

ビジネスっていうのはお金を儲けることにある。
儲からなかったら良い商品を提供できないし、
ということは、世の中が良くなっていかない。

なので、売れる商品を売らなければいけない。

もし売れない商品に固執してしまっているんだったら早めに損切りをする必要が有るだろう。

私も費用対効果が悪くなったサイトにかける時間を減らさなきゃダメだな、というのを実感した。

2:費用効果的に見込み客を集める。
「費用効果的に」というのが重要。
広告に対して何%の反応があった、というのは重要ではない。

なぜならこの数字は自分がやっているビジネスによって必要な数字が変わってくるから。

となると、重要なのは結果的にいくらの売上を上げるのにいくらの広告費がかかったか?ということだ。

あまりにも回収に時間がかかりすぎるのはキャッシュフローの面から見て危ないと思うがそれはまた別の話。
重要なのは100円かけて101円以上出てくる広告ならば、費用効果的に問題がない。

つまりやりまくるべきなのだ。
で、あとはより効果的になるように改善していくだけ。

多くの人は%が悪かった時点でやめてしまう。
他に良い%を出せるものがあるなら良いがやめてしまえばそれで終わりなのだ。

3:その見込み客に成約して既存客にする

見込み客を集めても、売れなかったら意味が無い。
お客さんを集めて売るところまでやって一つのビジネスモデルといえるだろう。

どれだけ費用効果的にお客を集めても、
それを受け入れるための受け皿がなかったらザルなのである。

ただお客が流れていくだけで、
時間を取らされたお客さんにもよくないし、
儲からない会社は潰れるだけ。

もし潰れてしまえば、世界に価値を提供することができなくなり、
世界にとってもよくない。

4:繰り返し購入してもらい固定客になってもらう。

商売において固定客というのは非常に大事だ。
固定客というのは集客の必要がないので、
うれたらそれまで集客にかかっていたコストはそのまま利益になる。

利益が増えればその分、良いサービスを提供することが出来る。

+1:そしてこの軸に「感情マーケティング」がある。

続編の「もっと」を読むと勘違いの例が上げられているが、
商品のメリットとかをこちらの感情に任せて伝えるのではない。

というか、そんなものは読んでもらえないから伝わらない。

で、どうするか?というとお客の感情をイメージしてそこに共感していくのである。

お客の感情を操るというか、
お客の感情が向かう先をイメージしてサービスを展開していくから
まるでお客は操られているかのように思い通りに動いていくわけである。

購入の判断をする際は理論的に買うのはごく一部で、
実際は感情で購買を決定し、あとから理論でそ判断を正当化していく。

購買した時にはすでに、お客さんは商品の見方になっているのだ。

===

という内容である。

本書を読めば、具体例や実例を交えて話が進んでいくので
より理解が深まるだろう。

さらに、他の分厚いビジネス書と比べると圧倒的に読みやすい。
3時間くらいあれば読み終わるんじゃないだろうか。

その理由は内容が語りかけるような書き口になっているからだ。
で、この書き方自体が「感情マーケティング」を実践した結果なのだ。

一度体験して見ると良いだろう。